:::: MENU ::::

Custom Post Type Permalinksのver.3アップデートに注意

アップデートすると、こんなアラートがWordPressの管理メニュー上に表示されるようになります。

Custom Post Type Permalinksの設定確認アラート

設定を確認してくださいといっても、特別変更する設定もないし大丈夫だろうとスルーしていたら、後日とんでもないことが発覚。カスタム投稿タイプのタクソノミーにて、その一覧ページのURLがアップデートにより変更されていました。。。

http://blog.viarecta.jp/post_type/taxonomy/term/ ← アクセスできない
http://blog.viarecta.jp/taxonomy/term/ ← アクセスできる

おかげで、上記URLへのリンクが諸々アクセスできない状況に。。。URL中にカスタム投稿タイプを入れるには、設定で「カスタマイズされたカスタムタクソノミーのパーマリンクを使用する。」にチェックを入れればOK。

カスタマイズされたカスタムタクソノミーのパーマリンクを使用する。

クリック一個でアップデートできるとはいえ、その動作確認は要注意という教訓でした。


1Passwordが起動できない

こんなエラーが出るようになりました。。。起動してもすぐに強制終了します。

まぁ再インストールしたら直るだろうと、下記から1Passwordをダウンロード&再インストールしたら無事解決。

ただ、よくよくメールを見たら、アップデート通知のメールがagilebitsから届いていました。今回は起動できなくなるエラーのため、手動アップデートの流れを解説した特設ページが作られています。

こういうコミュニケーションを大事にしたサポート、参考になる。


historyコマンドから指定期間の内容だけ出力

コマンドを多用した作業をしていると、どうしてもコマンド履歴は残しておいて、過去の作業内容を確認する必要があるときに掘り起こせるようにしておきたいところ!!

基本的には、historyコマンドの履歴は1000行しか保存されないので、.bashrcにhistoryコマンドに関する下記設定をよくしていました。

上記だと、約90000個のコマンドまで履歴が保存されるようになるので、数年も使い続けなければそこまで溜まることは早々無いです。ただ、この方法だとネックなのが、コマンドの履歴番号が5桁までいってしまうこと。1万個以上の履歴が溜まると、「!番号」で過去のコマンドを実行するのに5桁の数字を毎度入力する必要があるので、かなり面倒くさい。

というわけで、HISTSIZEは4桁まで(HISTSIZE=9000)にする代わり、historyコマンドから指定期間の内容を出力するスクリプトをpythonで作ってみました。

あとはこいつをcronで毎月実行させてあげて、自動でテキストファイルに出力させれば勝手に月ごとのログファイルが溜まっていきます。私のやり方としては、ログをEvernoteに残したいので、cronは使わず毎月手動で実行して前月のhistoryコマンドログをEvernoteにアップしています。


ServersMan@VPS(CentOS7)にてRuby on Rails環境構築

本日行った作業のメモ。つまづきポイントが多くて、一日作業になってしまいました…。

1. CentOS6へのダウングレード

タイトルでCentOS7と書いておいていきなりですが、ServersMan@VPSのCentOS7ではどうしても解決できない問題があり、7での環境構築は諦めました。問題詳細は下記サイトを参照。

むしろ、6にした方が、7で悩んでいたのがバカみたいにRuby on Rails環境構築をサクサク進められます。

2. サーバの下準備

CentOS6にダウングレードが終わったら、まずはRuby on Railsに手を付ける前に、サーバの必要最低限な環境を整えます。

また、yumでもろもろ入れておきます。

3. rbenvとrubyのインストール

/etc/sudoers.d/rbenvの内容は下記になります。

続いてコマンドを実行。

/etc/profile.d/rbenv.shの内容は下記になります。

このあとrootをリログインし、作業を続けます。

ちなみに、下記を参考にしています。

4. passengerの導入

まず、必要なgemをインストールし、passengerのインストールを進めます。

/etc/httpd/conf.d/rails.confの内容は下記になります。
ドメイン名(hogehoge.com)、railsアプリのパス(/var/www/rails/app/public)、ログ出力先のパスは適当なものに変更してください。

あとはapacheを再起動の上、railsアプリを整えればブラウザから閲覧できるはずです。


XWindowを利用するSSH for macOS Sierra

リモートデスクトップで余所のサーバにてWebブラウザを使いたいが、あいにくVNCを入れたLinuxサーバが手近にないので、XWindowを使ったSSHで代用。

下記が手順です。

  1. https://www.xquartz.org/にて、XQuartzをダウンロード
  2. XQuartzをMacにインストール。有効化のため一度ログアウト&再ログイン。
  3. XQuartzを起動。ターミナルが表示されます。
  4. ssh -Y ユーザ名@ドメイン “を実行。

以下な感じでリモートデスクトップみたくログインできました。

XQuartzでログインしたところ


今日のWeb開発で四苦八苦した箇所メモ

ブラウザ固有の困った問題1:iPhoneのSafariでsubmitボタンに勝手にグラデがかかる

下記CSSで解決。

(参考:[iPhone]safariでボタンの角丸とグラデのスタイルを指定したい – 別冊webメモ

ブラウザ固有の困った問題2:IEでプルダウンの矢印ボタンにCSSが効かない

IE10以上になってしまうが、下記のCSSで解決。

(参考:最新版IEでセレクトボックスの矢印を消す – knowledge base

ドメイン以降のリダイレクト設定

今回、さくらのレンタルサーバを使っていた関係で、レンタルサーバ用のアドレス(*.sakura.ne.jp)で参照された場合には、設定した独自ドメインに飛ばしたい。.htaccessに以下を記載すればOK。(hogehoge.sakura.ne.jp → hogehoge.comにリダイレクトさせる例)

(参照:.htaccessを使ってさくらレンタルサーバ 初期ドメイン⇒独自ドメインに301リダイレクトを設定 | shimajiro@mobiler

サイトマップの作成

今回はWordPressを使わないWebサイトでしたので、Xml-Sitemap.comというサイトのサービスを利用しました。

(参考:Xml-Sitemaps.comを使ってXML形式のサイトマップを作成する方法 | TechAcademyマガジン


FOSSILのスマートウォッチを買うべきか迷い中

個人的に気になっていたFOSSILのスマートウォッチが30%引きセールを今日から始めているらしいです。

手持ちのスマホがiPhoneなのでApple Watchばかり気にしていたのですが、Android Wearも調べてみると案外イケるかも。

  • Apple Watchを買わない一番の決定打になっていた、時計画面の表示しっぱなしがAndroid Wearのスマートウォッチならできる。
  • AmazonでFOSSIL Q MARSHALのレビューを見たところ、画面付けっぱなし&輝度を一番低く設定しておけば一日はバッテリー持つ。
  • Apple Watch同様、Android Wearにもアプリがあって機能拡張ができる。個人的にはRuntasticを入れたい。
  • GPSが搭載されていないスマートウォッチでも、スマホのGPSと連動して位置情報を取得してくれる。(ので、位置情報が重要なアプリも大丈夫)
  • 作業時は置き時計として使いたいので、起きやすいステンレスタイプのブレスレットがいい。FOSSIL Q MARSHALはそのタイプがある。

と、心引かれていざ店頭に行き、店員さんの話を聞いて知ったショッキング情報…。

iPhoneだと連携の仕様上、Android Wearスマートウォッチにアプリが入れられない 🙁

やっぱiPhoneはApple Watchを買うのが一番賢いようで。Apple Watchも時計画面を表示しっぱにできないかな。スマートウォッチの購入はもうしばらく先のことになりそうです。


自宅の外付けディスプレイを新調しました

19インチから31.5インチへ

AmazonのCyber Mondayにて安売りしているディスプレイを買おうと狙っていたところ、下記ディスプレイが初日にて45%割引(39,680円→21,980円)になっていたので購入しました。eMachines E19T5Wからの新調です。

買ってみてのポジティブな感想 🙂

  • (9年前のディスプレイに比べて)薄っ!!こっちの方がサイズ大きいのに薄っっ!!
  • (9年前のディスプレイに比べて)軽っ!!という程、軽くはないけど、ほぼ重さ変わらない。
  • (9年前のディスプレイに比べて)電源ケーブルが細っ!!
  • スピーカー繋げられる。HDMIのおかげでケーブル一つ挿すだけで、音声も映像も出力できるというこのお手軽さ。

買ってみてのネガティブな感想 🙁

  • フルHDの解像度(1920×1080ピクセル)以上に画面が大きいので、表示がでかい。
  • いちおう机のスペースを測って買ったつもりでしたが、実際に届いて置いてみると異様にでかい。27インチと迷ったのですが、27インチの方がスペース的にもちょうど良かったかも。
  • 高さ調整できないのが何気に使いにくい。微妙に下向きの角度をしているので、どうしても高さがないと角度的に見にくい。
  • 使わなくなったディスプレイの処分めんどい。(処分しろよ)

さすがに大画面なのに細かく表示されないのは作業効率大して上がる訳ではなく、買い物失敗かなぁと思いつつ試行錯誤していたところ、スケーリング解像度なるものが世の中あるらしいことを発見。

スケーリング解像度=高解像度液晶向けに画面上のアイコンや文字といった各モジュールのサイズを見やすいサイズに変更するためのもの。
(参照:http://ascii.jp/elem/000/000/924/924982/

MacだとQuickResなるアプリが有料だけど便利らしく、でもMacでの動作例はググって出てくるものの外付けディスプレイでの動作例は見当たらず。恐る恐るでしたが、お金を払って購入→インストール。

フルHD以上の解像度が選べましたよ!!

フルHDディスプレイでより大きな解像度での表示

ただ、実際以上の解像度にしているので、字は粗いです。作業効率的にはありがたいけど、見やすさ的にやっぱ本来の解像度にすべきか迷いどころです。


Facebook for Businessから大量のメールが来た

Facebook for Businessより、よう分からんアップデート通知?のメールが来ました。内容的には、Facebookにページ管理が正常にできない不具合があったというものらしい。

下記、メール本文。
ーーーー

Dear {ユーザ名},

We recently uncovered an issue where some Pages were automatically linked to a new Business Manager account, which prevented people from managing their Pages through the Facebook app (Pages and ad accounts connected to Business Manager are managed through a different interface). Your Page may have been affected by this issue. The team has already identified the cause and we are expecting the issue to be fixed for all Pages by December 5th, 2016, so you can continue to manage your Pages as you have been through Facebook.

If you’d like to manage your Pages in the meantime, or are interested in learning more about Business Manager, here is some information to help you get started:

Business Manager Basics
https://www.facebook.com/business/help/113163272211510

I apologize for any inconvenience that this may have caused you.

Best,
The Business Manager team at Facebook

ーーーー

以下、Google翻訳にて日本語訳にしたもの。
ーーーー

親愛なる{ユーザ名}、

最近、いくつかのPagesが新しいBusiness Managerアカウントに自動的にリンクされ、Facebookのアプリ(PagesとBusiness Managerに接続された広告アカウントが別のインターフェイスで管理されている)でページを管理できないという問題が明らかになりました。 あなたのページはこの問題の影響を受けている可能性があります。 チームはすでに原因を特定しており、2016年12月5日までにすべてのページでこの問題が修正される予定であるため、Facebookを経由してページを管理し続けることができます。

その間にページを管理したい場合や、Business Managerの詳細を知りたい場合は、以下の情報を参考にしてください。

ビジネスマネージャの基本
https://www.facebook.com/business/help/113163272211510

これが原因でご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

ベスト、
Facebookのビジネスマネージャーチーム

ーーーー

数打ちゃそのユーザの母国語にあたるだろうという魂胆なのか、上記メールが英語、ロシア語、イタリア語、スペイン語、トルコ語、ドイツ語で届きました。しかも、所有するアカウントごとにこの通知が来るので、ざっとアカウント数×6通のメールが届くという事態。

正式なメールなのか、Facebookかクラッキングされてこんなメールが届いているのか。私にとっての母国語(日本語)メールで通知も来ないし。軽くググっても似たような症状の人は見当たらないし、正確な事態は分からず、ひとまずこんなことあったよという備忘録。



ページ:1234